ファクタリングのメリットとデメリットとは?


ファクタリングのメリット

ファクタリングのメリットとして、売掛金を支払いが実行される前に現金化できるという点が挙げられます。資金繰りなどの関係から支払い日まで待つことができないという時に、ファクタリングは有効です。事業資金を手に入れる方法として、銀行から融資を受けることもできますが、融資されるまでに時間がかかってしまうことがあります。ファクタリングには即日で現金化できるものもあるので、急ぎの場合は即日ファクタリングを活用するのがいいでしょう。またファクタリングは借入れではないので、利子を支払わなくてよいというメリットもあります。万が一売掛先が倒産したとしても支払いの義務はなく、2社間ファクタリングであれば売掛先に知られないで手続きすることもできます。

ファクタリングのデメリット

ファクタリングのデメリットは、手数料がかかってしまう点です。その為売掛金の支払い日まで待つ時よりも現金化できる金額が少なくなってしまいます。2社間ファクタリングであれば先方に伝えなくても行うことができますが、ファクタリングの多くは3社間ファクタリングなので、売掛先企業にファクタリングの手続きをすることを伝えて承諾を得なければなりません。その交渉や手続きに手間がかかる場合があります。他にもデメリットとして挙げられる点は、債権譲渡登記が必要になるケースがあることです。ファクタリング会社の中にはその債権譲渡登記が必要なことがあるので、利用する前に一度確認することがポイントになります。

予期せぬ運転資金のショートに際し、新たな借入ができないピンチの奥の手として、経営者なら知っておきたいのがファクタリング。債権を買い取ってもらうことで現金化できる、合法的な資金調達方法です。