任せれば安心!決済代行サービスのメリット


自前の決済システムを提供する

決済代行とはクレジットカード会社等の決済手段提供会社と、カード決済導入を希望する店舗を仲介するサービスです。そして決済代行会社は自前の決済システムを提供する役割を担います。ネットショップ運営に際しては、売り上げ向上のためにネット決済は不可欠です。決済方法としてはクレジットカードに加え、口座振替やコンビニ決済など多彩な手段があります。決済代行会社はネットショップにとって、最適な決済手段の組み合わせを提案して、導入サポートしています。

個人で決済システムを導入するのはハードルが高い

新規にクレジットカード決済を導入するには、様々な条件をクリアする必要があります。導入には各カード会社に応じた複雑な手続きが必要となり、万全のセキュリティ対策があることを証明しなければなりません。その審査はどのクレジットカード会社も厳しく、個人で審査に通るのはかなりハードルが高いものです。その上、決済システム導入に当たっては、その仕組みを理解して運用する必要があります。自分で運用するのが難しければ、専門スキルを持ったスタッフを雇う必要があります。そのようなコストも相当な額に及びます。

決済代行サービスが妥当な選択肢

決済システム導入を現実的に考えれば、労力面でも費用面でも代行会社に依頼すのが妥当な選択肢です。セキュリティシステムを構築するだけでも、莫大な費用がかかると言われています。一方、決済代行サービスを利用すれば、リーズナブルな料金で決済システムを導入できます。そしてクレジットカードの代表的ブランドが全て利用できるようになります。

決済代行は、事業者と決済サービスを提供している会社を仲介し、決済に必要な契約や入金などのすべての手続きを代行してくれるサービスのことです。