通信制高校って何?メリットやデメリットを紹介


通信制高校とはどのような高校?

一般的な高校は、学校まで直接生徒が通って授業を受けるというスタイルですよね。それに対して通信制高校は学校に直接通わなくても、インターネットなどのオンライン環境や通信教育などのスタイルを利用して授業を受けるものになります。面接指導や実技などの一部の授業に関しては学校に足を運ぶ必要があるものの、それ以外はほとんど自宅で勉強することができる点が大きな特徴です。また、途中で編入した場合はそれまでに取得した単位をそのまま引き継ぎでき、単位制度を利用していることから留年がないという点も特徴とされています。

通信制高校のメリット

通信制高校はレポート提出による自主学習がメインとなっているため、生徒の自主性を重んじている点がメリットです。通常の全日制高校は授業も課題もすべて「やらされている」感覚が強いことからモチベーション維持や向上が難しかったり、自分のやりたいことを見つけられないという人も少なくありません。それに対して通信制教育は全て生徒が自分で責任を持って学習していく必要があるため、自分がやっているというモチベーションに繋がります。また自分のペースで学習できる点や、ある程度自分の自由な時間が作りやすい点もメリットとなっています。

通信制高校のデメリット

通信制高校のデメリットはあまりないと言われていますが、人と接する時間が少なくなってしまう点が挙げられています。全日制の高校であれば校舎内で多くの人と接することができるのに対して、通信制高校は自宅など外に出なくても学習ができるため、他人と接する機会が限られてくるのです。ただ自分で人と接する機会は作ることは可能であることから、人によってはデメリットにならない場合もあります。

通信制高校を埼玉で探すのは簡単なことです。その理由は、埼玉にキャンパスを構えている通信制高校が数多く存在するからです。学校選びに困らないというメリットがあります。